昔のデビットとはシステムが違う?法人向けデビットカードを作ってみよう


今のデビットはクレジットカードの国際ブランドつき

デビットカードと聞いて、「あれは使えない」と考える会社経営者も少なくないかもしれません。というのは、銀行が発行するデビットカードには二種類あり、もともと発行されていたのは日本国内でのみ使える決済システム用のカードだったからです。しかし、近年発行されているデビットカードにはクレジットカードの国際ブラントがついており、クレジットカードが使えるところであればだいたい利用できるようになっています。そのため、昔のデビットカードのイメージで不要だと考えているのであれば、その考えを改めて導入を検討してみるといいでしょう。

社員に持たせるのであれば限度額まで際限なく使えてしまう法人向けクレジットカードよりも、必要な分、都度、口座に振り込むという形で使えるので不正利用がしにくい法人向けデビットカードの方が安全性が高いからです。

審査はないのでスムーズに発行してもらえる

クレジットカードと同じように使えるのであれば、審査があるのではと心配になるかもしれませんが、その心配は不要です。というのは、デビットカードには発行時の審査がないからです。そもそも、クレジットカードではなぜ発行時に審査が行われるのかといえば、カード会社が利用者にお金を貸すからですが、デビットカードの決済は利用者の口座にある現金からすべてまかなわれ、お金の貸し借りが発生しないので利用代金の返済能力を審査する必要がありません。

また、全社員に法人向けデビットカードを持たせることも可能です。一つの口座につき発行できるカードは一枚と決められていても、全社員の口座を作ればいいからです。

法人 デビットカードは法人カードと違って、利用した時に銀行口座の残高からすぐに引き落としされることになっています。