お金はいつ入金される?決済手数料は?決済代行サービスを選ぶ上でのポイント


知名度などで選ぶのが難しい決済代行サービス

オンラインショップやオンラインサービスを始める場合、銀行振り込み決済以外の支払い方法を用意した方が売り上げを伸ばせる可能性が高いです。というのは、銀行振り込みでしか代金を払えないと、ユーザーは振込手数料の負担を嫌ってカード払いなどができるほかのサービスに移ってしまうからです。そういう状況で助けになってくれるのが決済代行サービスの存在ですが、大変なのがサービスの選び方。数が多い上、知名度やシェアが群を抜いて高いところがあるわけではないので、なにを基準にして選べばいいのか戸惑ってしまうでしょう。また、基本的にどの決済代行サービスも用意している決済方法はほとんど同じなのも選ぶのが難しい理由の一つです。

早く現金を手にしたいなら入金日は大きなポイント

では、決済代行サービスを選ぶポイントはなにかというと、まず、お金がいつ入金されるのかという点でしょう。たとえば締め日が月末だとしても、振り込みが翌月10日のところと、翌月20日のところとでは10日間の違いが出てきます。できればすぐにでも現金を手にしたいというのであれば、後者よりも前者ということになるでしょう。また、決済の管理ツールが自分にとって使いやすいか否かという点も見逃せません。たとえば、客が注文をキャンセルした場合、カード決済をすぐに取り消すことができないと客に不信感を与えてしまいますが、こういったイレギュラーの処理を簡単にできるかが重要です。初期費用や決済手数料も各社によって異なります。初期費用が無料であっても、決済手数料が高いと結局は損をしてしまうので、バランスをよく考えた上でお得な決済代行サービスを探すようにしましょう。

決済代行会社の情報は、業者探しの代行を行うコンシェルジュに相談すると業者選びがスムーズにいくようです。